ゴルフの紫外線対策

レディースには必須の紫外線対策。夏のゴルフ場の日差しは強く、紫外線対策には気を使うところ。

 

ゴルフ女子必須!新基準「PA++++」新基準「PA++++」
紫外線の新基準に対応した製品はチェックしましたか?
これまで「PA+++」を最高とする3段階表示から、今回「PA++++」が追加され
4段階になりました。
「PA」とはProtection Grade of UV-Aの略で、このUV-Aを防ぐ効果を表し
「+」の数が増えるほどUV-Aの防止効果が高まります。

 

ゴルフ女子必須!新基準「PA++++」地表上に届く紫外線には、紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)の2種類
U∨-Aは、雲や窓ガラスなどを透過して肌の奥の真皮まで到達し、それが「シミ」「やしわ」「たるみ」などいわゆる「光老化」の原因です。
紫外線U∨-Bも肌表面に作用し、シミ・ソバカスの原因になります。
U∨-Bの防止効果は「SPF(Sun Protection Factor)」で表示されています。

 

ゴルファー専用 日焼け止め!

 

ゴルフ女子必須!新基準「PA++++」国内最高基準のSPF50+ PA++++で
紫外線からしっかりガード!

ゴルフは太陽の下でプレーするスポーツ。日常生活の何倍もの紫外線が肌を直撃します。
女子ゴルファーを紫外線から肌を守るために、国内最高基準のSPF50+、新基準PA++++で紫外線からしっかりガード!プレー中の肌をしっかりガードしてくれます。
太陽さえ制覇する、攻めのUV、紫外線対策アイテムです。

 

 

 

 

 

今回なぜ「PA」だけ新基準になったのは御存知ですか?
日焼け止めには「PA」と「SPF」が併せて表示されていますが
大きな理由は、大きく分けて3つの点です。

  1. U∨-Aの防止効果を測定する技術が進んだことにり、その効果をより細かく分類表示できるようになったことです。
  2.  

  3. 日焼け止めに使用される紫外線散乱剤や吸収剤などを組み合わせた技術がより向上したことで

    より日焼け防止効果の高い製品が作れるようになり、製品ごとのU∨-A防止効果に差が出始めたためです。

  4.  

  5. 従来は紫外線対策といえばU∨-B対策が重要視されていたのが「光老化」のメカニズムが解明されいくにつれ、

    U∨-A対策にも消費者のニーズの変化し注目が集まるようになり、U∨-A防止効果に対するニーズに合わせて
    商品が選択できるように基準が改定されたのです。

 

気になる点と言えば、より高性能化した製品で、肌への負担が増えたり、使用感が悪化したりしないかということですが
「防御効果成分と潤い成分が最適になるように配合されています、防御効果成分の中に潤い成分になじみやすい成分などを配合していたりしているので肌への負担や悪影響は特に無いようです。

 

ただし、肌にはそれぞれ個人差があります。肌の弱い人や肌への影響が気になる人で外出する機会が少ない方は、PA+〜PA+++製品を選ぶなどシーンに応じて日焼け止めを選ぶのがよいでしょう。

ゴルファー専用 日焼け止め!